服装別のブラジャーの選び方

ブラジャーは普段外から見えないものですから、選ぶときは特に気にしないで身に着けるという女性もいます。もちろん間違いではありませんが、女子力アップを目指すならブラジャーを服装に合わせて選んでみませんか? きっと気分が変わるはずです。

なぜ洋服で選ぶといいのか

ブラジャーは見えないものですが、同じサイズでも形によって見た目の印象ががらりと変わります。同じ洋服でも方の違うブラジャーを付けると、洋服の上から見えたバストの形に違いが出るのが分かります。

そのため、服装に合わせてブラジャーを選ぶことが大事なのです。胸元の印象は女子力に大きな影響を与えますから、ブラジャー選びのコツを知っておけば色んな場面で役立つはずです。

 

女子力アップに取り入れたいブラジャー選び

例えばVネックのように胸元がざっくりあいたような服装の場合、谷間が見えるタイプのブラジャーだと色気を演出できます。谷間メイクブラジャーですが、バストサイズが小さい場合は寄せて上げるタイプを選びます。中にパットが入っているタイプもあるのでキレイな谷間を作れます。バストサイズが大きい方はカップが浅いとキレイな谷間を作れます

次に体にフィットするタイプの服装ですが、カットソーやニットなどは体のラインが分かりやすい特徴を持っています。そのため、バストの高さがあり過ぎるとバランス的に不自然に見えてしまう可能性が捨てきれません。

バストサイズが小さめの方は、洋服の上から自然な丸みが分かるように、カップに自然な丸みがあるタイプを選んでみましょう下に身に着けたものの模様などが見えてしまうのでレースや飾りなどがないタイプのブラジャーを選びます。バストサイズが大きめの方はハーフカップタイプを選んでください。ハーフカップになっているため乳房の自然なふくらみが外から見たときにキレイな丸みを作ってくれます。

 

洋服選びも楽しくなる

チュニックやワンピースのようなタイプはウエストがポイントになるので、あまり胸を強調するようなブラジャーは避けたほうが賢明です。そのため乳房の自然なふくらみを作ったほうがナチュラルになるので、ハーフカップか3/4カップのブラジャーがおすすめです。胸に高さがあるとおなか周りが膨らんで見えるので注意しましょう。

Yシャツのようなシャープなイメージのある服装には、胸の脇をスッキリ見せるタイプのブラジャーがいいでしょう。カップの形は色々ありますが、脇の部分が高いタイプを選んで脇のお肉をスッキリさせます。これなら胸にボリュームがあってもスッキリ体型の印象を与えることが出来ます。

バストサイズが小さめの方は3/4カップの脇高タイプ、バストサイズが大きい方はフルカップタイプがおすすめです