ナイトブラの効果は?夜もブラジャーすべき?

寝るときぐらいはブラジャーの締め付けから解放されたいと多くの女性たちが思っていることでしょう。しかし気になるのは胸のたるみです。寝返りを打つたびに胸があちこち移動するのが気になります。ナイトブラは寝るときに使うものですが本当に効果はあるのでしょうか。

ナイトブラにはどんな効果があるのか

寝ている間にあちこち動いてしまう乳房を守ってくれるのがナイトブラです。縦横に流れてしまう乳房の脂肪を動かないようにサポートしてくれます。

寝る姿勢を思い出してみてください。バストが右もしくは左に流れてしまいます。これを防ぐため、横からしっかりサポートしてくれるのがナイトブラなのです。普通のブラジャーとは違う構造なので、普通のブラジャーを寝るときにつけても効果はありません。むしろ締め付けが寝苦しいと感じてしまうでしょう。昼間のブラジャーは下からしっかりサポート、ナイトブラは横からしっかりサポート、この違いです

効果が出ない人がいるってホント?

確かに中には効果が出ない方もいます。しかし、ナイトブラに効果がないのではなく、使い方が間違っているため効果が現れないのです。例えば自分のバストサイズに合っていない大きいサイズや小さすぎるサイズを見につければ、乳房が中で遊んでしまいますし、小さければ窮屈に感じて血の巡りも悪くなります。

また、昼間のブラジャーが影響していることも考えられます。ナイトブラを正しく使っていても昼間つけているブラジャーでしっかり乳房を支えていなければどんどん重力に負けて胸が垂れてしまいます。ナイトブラの効果を上げるためには、昼間のブラジャーも正しくつけることが大切です。

ナイトブラの正しい選び方

ナイトブラは正しくつければ効果が体感できるでしょう。その方法ですが、ワイヤータイプではなくノンワイヤータイプ選ぶことです。ワイヤーはどうしても窮屈感があり、胸の下からサポートするタイプなので、胸の横流れには対応できません。

カギを握るのはバストの横部分です。ここが乳房のお肉を流れないようにサポートしてくれるかどうか、サポート力があるナイトブラを選びましょう。脇の部分が脇高設計になっていると乳房の脂肪をしっかりホールドしてくれます。

もちろんサポート力だけでなく、自分が身に着けて眠った時に心地いいと感じるタイプを選びます。付け心地がよければおのずと質のいい睡眠に誘います。ブラジャーをつけているのに窮屈感がなく、おまけに胸の位置をしっかりキープしてくれるので寝ている間に美バストを作ることも夢ではありません。

ナイトブラの効果を上げるカギを握るのは、サポート力と付け心地、この2つを覚えておきましょう