ブラジャーが透けて見えるのが嫌。どうすれば透けない?

外を歩いていた時、ふとお店のショーウィンドウにうっすら映る自分の姿を見たらブラジャーが透けてた!というハプニングは多くの女性が経験しています。どうすればブラジャーが透けないのでしょうか。ちょっとしたコツを知っておくだけでブラジャーが透ける心配がなくなります。

 

どんなとき透けてしまったか

特に汗をかく季節、背中や胸、脇の下から大量の汗をかくと、その汗でシャツが濡れてしまいます。気づかないうちにブラジャーが透けていて満員電車に乗るのも困ってしまったという声がたくさんあります。また、急に雨が降ってきてびしょぬれになり、シャツが濡れて透けて見えてしまったという嘆きもあります。

自分では気づかなかったけれどブラジャーの色が派手過ぎて透けて見えたという話も聞こえてきました。

 

透けないブラジャー選びのコツ

汗をかくのは仕方がないことですし、急に雨に降られることもあるでしょう。だからこそ、濡れたときにブラジャーが透けるの未然に防げばいいのです。例えば一番いい方法は自分の肌の色に近いカラーのブラジャーをつけることです。急に前が降ってきたとしても肌の色と同じブラジャーなので肌が透けて見えてもブラジャーは見えにくくなります。

 

肌の色が白い方はサーモンピンク、少し肌が黒いという方はベージュが適したカラーになります。

 

また、ブラジャーにゴチャゴチャと飾りがついているときも透けやすいです。特に上に羽織っているものの素材が薄ければ透けやすいので注意しましょう。

 

どんな色なら透けにくいのか

先ほども少しお話しましたが、ブラジャーのカラーに気を付けるだけでも十分対策を取ることができます。一つ目はベージュです。肌の色に近いタイプなので透けにくいのですが、選ぶときは肌の色より少し暗い色を選ぶと丁度いいようです。

 

代表的なのがモカブラウンです。ダークブラウンと表記されているものもありますが、ブラジャーのカラーの中でも特に売れているカラーと言われています。色が地味に見えてしまうため身に着けるのに勇気がいるという方もいますが、そんなときはお気に入りのデザインを選ぶと気持ちもアップしてきます

 

それから先ほど話したサーモンピンクですが、色白の方に適した色なので肌の色に合わない方の場合は透けてみえてしまうため注意しましょう。モーヴピンクは肌の色に比べて少し濃い色をしているので、サーモンピンクが合わない方はモーヴピンクを選んでみてはいかがでしょうか。

 

ホワイトは肌の色とは違いすぎて透けやすいですし、白いトップスを着ているときグレーのブラジャーも透けやすいことが分かっています

 

少し変わったところでラベンダー色もおすすめなのですが、室内では透けにくいものの外では透けて見えてしまうため、出かける前にチェックして大丈夫だったのに出かけたとたん透けて見えて焦ったという話もありますから注意しましょう。

服装別のブラジャーの選び方

ブラジャーは普段外から見えないものですから、選ぶときは特に気にしないで身に着けるという女性もいます。もちろん間違いではありませんが、女子力アップを目指すならブラジャーを服装に合わせて選んでみませんか? きっと気分が変わるはずです。

なぜ洋服で選ぶといいのか

ブラジャーは見えないものですが、同じサイズでも形によって見た目の印象ががらりと変わります。同じ洋服でも方の違うブラジャーを付けると、洋服の上から見えたバストの形に違いが出るのが分かります。

そのため、服装に合わせてブラジャーを選ぶことが大事なのです。胸元の印象は女子力に大きな影響を与えますから、ブラジャー選びのコツを知っておけば色んな場面で役立つはずです。

 

女子力アップに取り入れたいブラジャー選び

例えばVネックのように胸元がざっくりあいたような服装の場合、谷間が見えるタイプのブラジャーだと色気を演出できます。谷間メイクブラジャーですが、バストサイズが小さい場合は寄せて上げるタイプを選びます。中にパットが入っているタイプもあるのでキレイな谷間を作れます。バストサイズが大きい方はカップが浅いとキレイな谷間を作れます

次に体にフィットするタイプの服装ですが、カットソーやニットなどは体のラインが分かりやすい特徴を持っています。そのため、バストの高さがあり過ぎるとバランス的に不自然に見えてしまう可能性が捨てきれません。

バストサイズが小さめの方は、洋服の上から自然な丸みが分かるように、カップに自然な丸みがあるタイプを選んでみましょう下に身に着けたものの模様などが見えてしまうのでレースや飾りなどがないタイプのブラジャーを選びます。バストサイズが大きめの方はハーフカップタイプを選んでください。ハーフカップになっているため乳房の自然なふくらみが外から見たときにキレイな丸みを作ってくれます。

 

洋服選びも楽しくなる

チュニックやワンピースのようなタイプはウエストがポイントになるので、あまり胸を強調するようなブラジャーは避けたほうが賢明です。そのため乳房の自然なふくらみを作ったほうがナチュラルになるので、ハーフカップか3/4カップのブラジャーがおすすめです。胸に高さがあるとおなか周りが膨らんで見えるので注意しましょう。

Yシャツのようなシャープなイメージのある服装には、胸の脇をスッキリ見せるタイプのブラジャーがいいでしょう。カップの形は色々ありますが、脇の部分が高いタイプを選んで脇のお肉をスッキリさせます。これなら胸にボリュームがあってもスッキリ体型の印象を与えることが出来ます。

バストサイズが小さめの方は3/4カップの脇高タイプ、バストサイズが大きい方はフルカップタイプがおすすめです

 

体にあったブラジャーはどうやって選べば良い?

キレイなバストを維持するためには自分のサイズに合ったブラジャーを付けるのが大事です。ところが、そもそも自分のバストサイズに合うブラジャーをどうやって選べばいいか疑問です。サイズの正しい測り方と合わせてブラジャーの正しい選び方をご紹介します。

手持ちのブラジャーがあっているかどうかチェック

いま手元にあるブラジャーを、出来ればすべて身に着けてチェックしてみてください。ブラジャーの横からお肉がはみ出ていませんか? 両手を挙げたときブラジャーがずれませんか? 身に着けたとき胸からカップが浮いていませんか? 肩ひもがよくずれたりしませんか? 上半身を前に倒した時ブラジャーのベルトの後ろが上にあがってきませんか?

ひとつでも当てはまっていれば手元にあるブラジャーは自分のバストに合っていないことになります

バストサイズの測り方

まずは自分のバストサイズを正しく測りましょう。胸の一番先の高い場所がトップバストになります。ブラジャーを付けたときにちょうど高くなる部分で測りたいので、可能ならメジャーを体に巻き付けた後、高さを調節してから測ってみてください。難しいようなら、手元にあるブラジャーの中で一番体にフィットするものを付けてから測ってもいいでしょう。

次にアンダーバストですが、乳房の下を測ります。メジャーがずれないように、水平になるように鏡で確認しながら測ります。これなら正しいバストサイズを測れるでしょう。

先ほど測ったトップバストと、アンダーバストの差がカップサイズになります

自分に合うブラジャーの選び方

ブラジャーの選び方は、自分のバストサイズに合ったものを選ぶのももちろんひとつの方法ですが、ブラジャーには色んな形があります。自分のバストがフィットするタイプを選ぶのがコツです

例えばフルカップと呼ばれるタイプは、乳房を全体的に包み込むタイプです。バストサイズが大きい方に向いているタイプではないでしょうか。

それから3/4カップは乳房の斜め下から中央に寄せるような形です。谷間がキレイにできる特徴のあるタイプです。1/2カップは乳房を真下から支えるような形です。乳房全体を上にアップしてボリュームを出すほか、肩ひも部分を外して使える特徴を持っています。

そのほかスポーツブラはこれを付けるだけでバスト全体が揺れるのを防いでくれるので動きやすい特徴があります。乾きやすい素材で出来ているタイプが多いので、洗濯した後もすぐに乾きます。ノンワイヤーブラは乳房を支えるワイヤーが入っていないものの、素材そのものが乳房を支えるためのサポート機能が備わっています。ナイト用ブラは、寝るとき体を横にしたときに下からだけでなく横からも乳房を支えるサポート力があるので、バストのキレイな形を保つために使っている女性も増えています。

 

家を出ない休日、ブラジャーはしなくていいの?

自分の体にフィットしたブラジャーだとしても、せっかくの休日ぐらいは締め付けから解放されたいものです。しかし、ノーブラで過ごすのも抵抗があります。ブラジャーを付けないと胸が垂れてしまいそうで心配です。休日のブラジャーはどうしたらいいのでしょうか。

みんなは休日どうしてる?

他の女性たちの休日ブラジャー事情が気になりませんか? アンケートによると休日でも普通のブラジャーをつけていると答えた女性が4割いました。そのほかは2割ずつノーブラで過ごす、ノンワイヤーブラを付ける、カップ付きのインターを身に着けていると答えています。

それぞれライフスタイルも違いますから一概にこれがいいと言い切れませんが、自分がスッキリリラックスできるスタイルを探してみてはいかがでしょうか。

体も心もリラックスできるブラジャー

休日のブラジャーとして注目を集めているのがワイヤーの入っていないタイプのブラジャーです。カップの部分もしっかり形になっているので窮屈感がありません。ノンワイヤーでありながら立体感が作れますし、アンダーベルト部分がしっかりしているので体を動かすたびにバストも動いて落ち着かないということもありません。

一見すると締め付けがないので落ち着きがないように見えますが、簡単にずれないように作られているので安心です。季節にもよりますが、一人暮らしの女性の中には部屋に一人でいるとき上半身はノンワイヤーブラひとつで過ごしているという方もいます。開放的で最高なリラックスタイムを過ごせるでしょう

ノンワイヤー以外にもたくさんある

ノンワイヤーブラにこだわる必要はありません。自分が心地いいと感じるスタイルに出会うことが重要なのです。例えばノンワイヤーブラのほかにスポーツブラはいかがでしょうか。ノンワイヤーブラは下着として開発されているので体を動かすことに適していません。スポーツブラはその名の通り体を動かすことに適しているため、部屋の中でストレッチをするときなど最適でしょう。

伸縮性があるので、特に体を動かすことはないけれど休日を過ごす時はスポーツブラを身に着けていると答える女性も増えています。ワイヤーブラに比べれば窮屈感がありません

そのほかテレビCMや女性向け雑誌でも取り上げられているので知っている方も多いと思いますが、ブラトップの人気も急上昇中です。キャミソール1枚に見えますが、胸のところにカップがついているので、見た目ではブラジャーをつけているような印象があります。ノンワイヤーブラ、スポーツブラと比較した場合、バストを包み込む力は劣りますが、解放感はブラトップに軍配があがるかもしれません。ノーブラと比較してもバストの形を正しい位置に保ってくれるのも特徴のひとつです。

ブラジャーの洗い方。手洗い必須?何回つけたら洗う?

ブラジャーは毎日つけるものですが、ほかの女性はどうやって洗っているのでしょうか。形が崩れてしまうので洗濯機で洗うのは気が引けますし、汗をかかない季節なら汚れていないので1日つけただけで洗うものなのか分からないことだらけです。

洗濯機で洗うとき気を付けたいこと

ブラジャーは型がついているので洗濯機に入れて洗っていいものか迷うところですが、正しい洗い方を知っておけば問題はありません。型崩れを防ぐために、まずは洗濯ネットに入れますそして設定は弱水流にしてランジェリーコース優しく洗います間違っても乾燥機に入れたりしないでください。通常洗いだとブラジャーのレースの部分やボタン部分がすぐダメになってしまうので、この洗い方を実践してください。

やっぱり手洗いが一番?

忙しい日々の中でブラジャーを手洗いするのは大変かもしれませんが、お風呂に入るときに洗うようにしてみましょう。体を洗うついでにブラジャーも洗います。

洗い方のコツですが、洗面器にぬるま湯を入れてください。そこの市販されているお洒落着用の洗剤を溶かします。その中にブラジャーを入れますが、ゴシゴシ洗う必要はありません。洗面器の中で軽く振ったり、肌に触れる部分を押し洗いします。決してゴシゴシ洗わないでください。これでも十分汗じみや汚れを落とすことが出来ます

あとは流水を使って洗剤や汚れを洗い流して、最後に洗濯機の脱水にかけたらブラジャーのお洗濯は完了です。干す場合は必ずブラジャーの形を整えて、カップの丸みも整えましょう。カップの下部分2か所を上にして洗濯ばさみでハサミ、陰干しします。日に当たるとダメージによって素材がダメになるのが早くなるため必ず陰干しするようにしてください。

みんなは何回付けてから洗ってる

本当は毎日洗いたいけれど、そんなに汚れてないものを毎日洗う必要があるのか疑問です。下着のプロによると、ブラジャーは3回つけてから洗っても問題はないと言われています。たくさん汗をかいた日は2回でもいいかもしれませんが、問題なのは同じものを続けて身に着けることです。素材がすぐに伸びてしまい、肩ひも部分もダメになるのが早くなってしまうので注意が必要です。

3回つけて問題ないのですから、3つのブラジャーをローテーションでつけてみたらどうでしょうか。ちなみにその日につけたブラジャーはさすがにタンスにしまえませんから、洗濯したものと別の場所に分かりやすいように干しておくといいかもしれません。気になるようでしたら、市販されている衣類用の消臭スプレーをかけてから干しておくと安心ではないでしょうか。

ブラジャーはどこで買う?試着するべき?

ブラジャーを新しく購入するとき、悩む女性は少なくありません。毎日身に着けるものなのでどこで買ったらいいのか、自分に合うタイプを選ぶなら試着は必要なのか考えてしまうでしょう。ほかの女性はどこで買っているのか、試着はどうしているのか気になりませんか?

みんなはどこで買ってるの?

他の女性たちはブラジャーをどこで買うのか気になります。最近は年齢に関係なく忙しい毎日を過ごしている女性が増えてきました。そのため、直接お店に出向いて買い物をするより通販を利用して買うという方も多いのです。ところが、ブラジャーに関して言うと直接肌につけるものですし、サイズに合ったものが欲しいのでお店に出向いて買うという方もまだまだたくさんいます。

もちろん通販でも自分でバストサイズを測れば自分に合うタイプのブラジャーを探すことは可能です

ブラジャーに何を求めているか

最近の女性たちはバストアップを求めるだけでなく、ブラジャーの着け心地、さらにフィット感を求めています。これを踏まえて考えると、通販で購入するよりもお店で直接見て触れてから買いたいと答える女性が多いのも頷けます。どこで買うか人それぞれですが、ポイントになるのは直接手で触れて着け心地がどうか考える時間が大事と答える女性が増えてきました。

試着は必要なのか

あらかじめバストサイズを測っていけば問題なく買えそうな気がしますが、実際に着けてみるとフィット感がないこともあります。実は、ブラジャーはサイズだけでフィット感をあてることが難しいのです

例えば、まったく同じサイズの方でも20代の女性と40代の女性が同じサイズのブラジャーを身に着けたときのフィット感が全く違います。20代の女性にピッタリだとしても、40代女性の場合はカップの上の部分が開いてしまうのです。

そのため、サイズだけでなく体型に合ったサイズのブラジャーが必要になります。これを踏まえて考えると、やはり試着は重要でしょう。サイズを測って買ったのにまったくフィット感がないという場合は、自分の体形に合ったものではなかった可能性がとても高いです。

バストサイズを測ったり試着のサポートについてくれるのは必ず女性なので絶対に安心ですが、どうしても恥ずかしいという場合は洋服の上から測ってもらうことも出来ます。全部脱がないまでもキャミソールのような薄手のものであれば何もつけていない状態に近いサイズを測れるので、ブラジャーの試着に行くときは洋服の下にキャミソールを着ていくといいかもしれません

また、最近はウェブ試着といって、お店に出向かなくてもスマホを使って必要事項を入力して自分に合うブラジャーを見つけることが出来るサービスもあります。