ブラジャーが透けて見えるのが嫌。どうすれば透けない?

外を歩いていた時、ふとお店のショーウィンドウにうっすら映る自分の姿を見たらブラジャーが透けてた!というハプニングは多くの女性が経験しています。どうすればブラジャーが透けないのでしょうか。ちょっとしたコツを知っておくだけでブラジャーが透ける心配がなくなります。

 

どんなとき透けてしまったか

特に汗をかく季節、背中や胸、脇の下から大量の汗をかくと、その汗でシャツが濡れてしまいます。気づかないうちにブラジャーが透けていて満員電車に乗るのも困ってしまったという声がたくさんあります。また、急に雨が降ってきてびしょぬれになり、シャツが濡れて透けて見えてしまったという嘆きもあります。

自分では気づかなかったけれどブラジャーの色が派手過ぎて透けて見えたという話も聞こえてきました。

 

透けないブラジャー選びのコツ

汗をかくのは仕方がないことですし、急に雨に降られることもあるでしょう。だからこそ、濡れたときにブラジャーが透けるの未然に防げばいいのです。例えば一番いい方法は自分の肌の色に近いカラーのブラジャーをつけることです。急に前が降ってきたとしても肌の色と同じブラジャーなので肌が透けて見えてもブラジャーは見えにくくなります。

 

肌の色が白い方はサーモンピンク、少し肌が黒いという方はベージュが適したカラーになります。

 

また、ブラジャーにゴチャゴチャと飾りがついているときも透けやすいです。特に上に羽織っているものの素材が薄ければ透けやすいので注意しましょう。

 

どんな色なら透けにくいのか

先ほども少しお話しましたが、ブラジャーのカラーに気を付けるだけでも十分対策を取ることができます。一つ目はベージュです。肌の色に近いタイプなので透けにくいのですが、選ぶときは肌の色より少し暗い色を選ぶと丁度いいようです。

 

代表的なのがモカブラウンです。ダークブラウンと表記されているものもありますが、ブラジャーのカラーの中でも特に売れているカラーと言われています。色が地味に見えてしまうため身に着けるのに勇気がいるという方もいますが、そんなときはお気に入りのデザインを選ぶと気持ちもアップしてきます

 

それから先ほど話したサーモンピンクですが、色白の方に適した色なので肌の色に合わない方の場合は透けてみえてしまうため注意しましょう。モーヴピンクは肌の色に比べて少し濃い色をしているので、サーモンピンクが合わない方はモーヴピンクを選んでみてはいかがでしょうか。

 

ホワイトは肌の色とは違いすぎて透けやすいですし、白いトップスを着ているときグレーのブラジャーも透けやすいことが分かっています

 

少し変わったところでラベンダー色もおすすめなのですが、室内では透けにくいものの外では透けて見えてしまうため、出かける前にチェックして大丈夫だったのに出かけたとたん透けて見えて焦ったという話もありますから注意しましょう。